リスクを受け入れるFXトレードをする時、ポジションを持つ度にハラハラドキドキしてしまうことはありませんか?

エントリー前に手が震えたり、ポジションを持ってる時は緊張して落ち着かなかったり。

大きな損失を出してしまった人は、恐怖心でエントリーすらできないという人もいます。

 

「ここって絶好の売り場だよな、、でも上昇するかもしれないし怖いな、、」

 

こんな感じで、エントリーを見送り続けるような状態になってしまう人もたくさんいます。

特にFX初心者の方はこのような状態に陥りがちです。

 

今回の記事では、どうしてエントリー前やポジションを持っている時に緊張してしまうのか。

それを克服するためにはどうしたら良いのかについて解説します。

この記事を読むとどうなるか

  • FXトレードで感じる不安感や緊張がやわらぐ
  • リスクを受け入れることができるようになる

FXにおけるリスク

FXトレードにおけるリスクとは、正に自己資金が減ってしまうことですよね。

この資金が減るというリスクを0にした場合、利益を得る可能性も0になります。

FXに限ったことではありませんが、リスクを取らずに利益を得ることはできません。

 

ただ、リスクを取っていること自体は、ほとんどのトレーダーが認識していると思います。

だからこそ不安に感じ、怖くなるんですからね。

 

「リスクは0にできないのに、リスクが不安の種ならどうしようもない」

 

そう思われた方もいるかもしれませんが、問題はそこじゃないんです。

多くの人は、リスクを取ることそれ自体が怖いことだと思い込んでいます。

しかし、リスクを取ること自体は何をやっても避けて通れないはずです。

そうであれば、リスクを取ること自体が怖いというのは、実は思い込みに過ぎないのです。

このリスクに対する間違った考え方が、FXトレードを難しくする原因となっています。

リスクは常に取っている

FXに限らず、リスク自体は普通に生活しているだけでも常に取っています。

外に出れば車にひかれるリスクは当然ありますよね。

海に遊びに行けば、溺れてしまうリスクは当然あります。

リスクを取らなければ何もすることができないのです。

リスクを受け入れた上で、外を出歩いたり海に遊びに行ったりしてるわけです。

リスクを取る=リスクを受け入れる

日常生活においても、あらゆるリスクを受け入れた上でリスクを取っています。

FXトレードにおいて不安や恐怖を感じる原因は、

リスクを取っているのにリスクを受け入れていないこと

にあります。

本来、リスクを受け入れなければリスクを取ってはいけないのです。

FX市場に自己資金を投入した以上、リスクは取っているわけです。

それにも関わらず、

「損切ができない」

「資金が少しでも減ったら嫌だ」

といった考えは、そもそもリスクを取るべきではない思考なのです。

では、どうすればFXトレードでリスクを受け入れられるようになるのでしょうか?

リスクを受け入れるにはどうすれば良いか

これまで、リスクを受け入れなければリスクは取れないことを説明してきました。

 

「リスクを受け入れる必要性は分かったけど、具体的にどうしたら良いの?」

 

という声が聞こえてきそうです。

これもFXトレードに限らないことですが、準備と対策」をすることでリスクは許容できます。

車にひかれるリスクを取ってまで外を出歩けるのは、リスクを事前に軽減しているからです。

車道を歩かない、赤信号の時は渡らずに待機する、といったことですね。

こういう事前の対策をせずに無制限に車道を歩きまくってたら、リスク大なのは誰でも分かりますよね。

そんなこと許容できる人は少ないでしょう。

だから、自分が受け入れられるリスクレベルまで、事前にリスクを減らしているんです。

同じことをFXトレードでもやりましょうというだけの単純な話です。

 

FXトレードにおける準備とは、主に以下のようなことを想定しています。

 

  • トレード戦略を複数立てる
  • 資金管理を徹底する

 

たったこれだけです。

 

「これだけ?ならやってるよ」

 

と思われた方。

本当にこの準備をしていれば、エントリー時に極端に不安になどならないはずです。

不安感があるという方は、結局どれかが欠けているんです。

それぞれについてもう少し詳しく説明します。

トレード戦略を複数立てる

初心者の方に多いのは、トレードプランを1つしか立てないというケースです。

 

「ゴールデンクロスしたから買い」

 

こんな感じの根拠でエントリーしてしまう。

そりゃ不安にもなります。

1つしかトレードプランを立てていない人は、最低でも2つは立てるようにして下さい。

ここで重要なのは、売り買い双方のプランを必ず立てるということです。

相場が上に行くか下に行くかは常に誰にも分かりません。

大事なことですのでもう一度言います。

 

「常に誰にも分からない」のです。

 

裏を返せば、常に上がる可能性も下がる可能性もあるわけですから、どっちのパターンも想定した上で、より確率の高いエントリーをしていくわけです。

結局、トータルでの勝ちを求める以外にFXで勝つ方法は無いのです。

エントリー戦略の立て方については、別記事でもっと詳しく解説しますね。

資金管理を徹底する

資金管理の重要性については、メルマガ等でも力を入れて説明しております。

しかし、重要だと分かっていても資金管理を軽視してしまう人がほとんどです。

損切しても仕切り直せば痛くもかゆくもないことが事前に分かっていれば、不安でどうしようもないなんて精神状態にはならないですよね。

資金管理を怠っているために不安定な精神状態に陥っているという人は数多く見てきました。

どうしても恐怖を覚えるという方は、もう一度資金管理のルールを見直してみて下さい。

まとめ

日常生活では、誰もが常にリスクを取りながら、そのリスクを自分が許容できるレベルまで軽減するという作業を当たり前に行っています。

ところが、FXトレードになった途端に、リスクを軽減するための準備と対策を怠り、「リスクを受け入れられない」とパニックになってしまう人が非常に多いです。

そうならないために、まずはリスクを取ること=リスクを受け入れることだと理解しましょう。

そして、自分が許容できるレベルまでリスクを軽減するために、トレード戦略を事前に立て、資金管理を徹底した上でFXトレードを行ってください!