MT4 MACDMACDはFX初心者~上級者まで広く愛されているテクニカルツールなので、MT4でサブウィンドウに表示させているトレーダーも多いのではないでしょうか。

FXのテクニック本や動画解説等では、MACDは2本線の表示で解説されていることが圧倒的に多いですが、MT4ではヒストグラム表示がデフォルト設定になっています。

 

これだと学んだことがそのまま使えないので、今回の記事ではMT4でMACDを2本線表示に変える方法について解説していきます!

この記事を読むとどうなるか

  • MT4でMACDを2本線表示にできる

MT4動画解説

動画でも解説しているので、ご覧ください。

MT4でMACDを設定する

まずはデフォルトの表示を確認してみましょう。

mt4 MACD ヒストグラム

 

こんな感じで、初期設定のMACDはヒストグラム表示になっています。

 

僕も最初にMACDを表示させたときは、

 

本や動画で見たのと全然違う・・・

 

と愕然としたのを覚えています笑

 

これを2本線に変えていきます。

 

まず、ナビゲーターからカスタムインディケーターを開きます。

 

MACDを見つけたら、右クリックして「修正」を選択します。

mt4 MACD 修正

 

プログラムのエディタ画面が開くので、以下の箇所を修正します。

mt4 MACD メタエディター

具体的には、36行目のHISTOGRAMをLINEに変更します。

mt4 メタエディター MQL4

変更出来たらCompileをクリックし、MT4を再起動すれば2本線に変わります。

mt4 ライン表示

ゼロラインを表示させたければプロパティからレベル表示で追加をすれば良いので、お好みで表示させて下さい。

 

注意点として、カスタムインディケーターのMACDを使うという点に注意して下さい。

 

MACDはインディケーターの「オシレーター」という箇所にも入っていますが、こっちは編集できないので、カスタムのMACDを修正してもこっちを選んじゃうとヒストグラム表示のままです。

 

編集できない!

編集して再起動したのに、2本線にならない!

 

という方は、カスタムインディケーターのMACDを選択すれば解決すると思います。

まとめ

MACDは基本的には2本線で使うことが多いので、カスタムインディケーターの設定を変更しておくと便利です。

 

ヒストグラムで表示させたい場合には、単純にオシレーター箇所に入っているMACDを使えば良いだけなので、どちらも使うという人でもカスタムインディケーターの設定は変更してしまった方が便利ですね。

 

MACDに限らず、MT4は何でもできる便利ツールですが、デフォルト設定だと若干使いにくい箇所もあるので、ご自身が使いやすい設定にカスタムして下さい!