FX トレード 利益

突然ですが、皆さんはどうしてFXトレードをしているのでしょうか。

ほとんどの人は、「利益を得るため」だと答えるのではないでしょうか。

もちろん、僕も相場から利益を得るためにFXを始めました。

しかし、利益を求めてトレードをしてしまうと、利益どころか損失が積み重なっていき、気づいた時には退場してしまう人が多数います。

実は「利益を求めてトレードする」という思考は、負けトレーダーに共通する思考なのです。

「利益を得るためにトレードするのに、利益を求めてはいけない」

という、一見矛盾するようにも思えるこの真理について、今回の記事で説明していきます。

この記事を読むとどうなるか

  • 自分がFXトレードで勝てない理由が分かる
  • 思考が手法に悪影響を及ぼすことが分かる
  • トレードで大事な考え方が分かり、手法を適切に使えるようになる

利益を求めると利益は逃げていく

冒頭でも書きましたが、僕たちがFXトレードをする理由は、利益を得るためですよね。

では、なぜ利益を求めてトレードをしてはいけないのでしょうか?

簡潔に答えを言うと、

利益を求めると冷静さを欠き、自分のトレード手法が崩れるから

ということになります。

この答えを聞いて、「なーんだそんなことか」と思われた方は、これまで継続してFXトレードで利益を得た経験が無い方ではないでしょうか。

そして、「自分には関係ない」と思われた方は、今後も勝ち組トレーダーになることなく、静かに相場の世界から退場していくことでしょう。

多少厳しめの言い方になりましたが、それだけ重要なことをお伝えしているのです。

冷静さを欠いたトレードとは

利益を求めて冷静さを欠き、手法が崩れてしまうとはどういう状況でしょうか。

以下に挙げるようなトレードを経験したことがある人は多いのではないでしょうか。

  • 押し目買いのタイミングを逃したから、急いでブレイクアウトに乗った
  • ブレイクに乗れなかったから、利確の戻りを狙った

上記はほんの一例にすぎませんが、非常に悪いトレードです。

結果的に上手くいくこともあるでしょうが、このようなトレードをしていては継続して勝つことは不可能です。

狙っていたトレードを逃した時、急いで新しい理屈をつけてエントリーしてしまっています。

この時点で、本来考えていた戦略から外れていますし、焦りが全面に出ているので、重要なサポートやレジスタンスを見逃して高値買い、安値売りをしてしまう可能性が高いです。

利益を求めると冷静さを欠く理由

利益のみを追求したトレードでは、形よりも金額に拘ります。

口座の残高が上下することに一喜一憂するため、自分の関心が「残高」という数字に集中してしまいます。

そうなると、

 

「ここで買っていれば儲かったのに、儲け損ねた」

「あそこで売っていれば取れた100pipsを取り損ねた」

 

といった感じで、あたかも「損をした」かのように脳が錯覚してしまいます。

そうなってしまうと、

 

「本来取りたかった動きは逃がしたけど、まだ少しなら儲かるだろうし挽回したい」

 

といった欲望が精神を支配し、自分に都合の良いチャートが見えてきてしまいます。

僕自身、FXを始めたばかりの頃は毎日のようにこういう心境になっていました。

「本当なら取れたのにー!」みたいにムキになって、自分に都合の良い理屈を無理やりつけて大量にトレードしていましたね(笑)

当然ですが、資金を全て溶かして強制退場することになりました。

まだ資金量が少ない時だったのでダメージも少なくすぐに再起できましたが、今思えばこんなアホなトレードはないと思えるくらい恥ずかしいトレードをしていましたね・・・

忘れてはいけないのは、どんな相場でも買う根拠と売る根拠の双方が見つかるということです。

自分に都合の良い戦略はいくらでも立てられるので、利益だけを求めてトレードしている人は、どんなにチャートを分析しても勝てるようにはならないのです。

利益追求トレードへの処方箋

利益を求めるなと言われても、人間である以上根性論で解決することは難しいでしょう。

そこで、利益追求トレードを防ぐための処方箋を紹介します。

ルール厳守という事実を報酬にする

トレードによって得られる報酬を「利益」と考えている以上、利益を求めないトレードは不可能です。

そこで、報酬を「利益」から「ルール厳守」に変えてしまうことが求められます。

ノート等にトレード記録を付ける際に、1日ルール通りにトレードが出来たら「〇」出来なかったら「×」といった印を付けていきます。

利益か損失かではなく、ルールを守れたかどうかをその日のトレードの成否判断に使うのです。

相場から得た利益ではなく、「ルール厳守」という事実を自分自身への報酬にしましょう。

そうすると、金額的には利益が出ていても、「×」が付いている日のトレードは実力ではなく、ラッキーで儲けただけということが分かります。

 

「たまたま口座残高の数字が増えただけで、トレード力の向上には全くつながらない」

 

と言い換えることもできるでしょう。

一方、トータルで損失に終わった日でも、「〇」が付いていれば、ルールに従った上で負けたのですから、どうして負けたのかという検証ができ、成長への肥やしとなります。

結局、FXトレードでは検証に検証を繰り返し、自分ルールを構築してしまえば勝ちトレーダーになれるため、「〇」が続く以上はいつかは勝ち組トレーダーになれるということです。

そして、頻繁に「×」が付くような人は資金管理を怠っているケースが大半ですので、遅かれ早かれ相場から退場していくことになるでしょう。

僕の場合は、1回でも「×」が付いたらそれまでの成長は全てリセットされるという覚悟で、365日全て「〇」を目指してから劇的にトレード力が向上しました。

美しいトレードを目指す

ルール厳守だけではトレードが退屈になってしまうので、トレードそれ自体の「美しさ」にも拘ると、結果としてトレード力が向上していきます。

自分の思い描いていたシナリオ通りに値が動いたりすると、テクニカル分析の醍醐味を味わえると思います。

また、自分のエントリーと逆方向に動いた場合の動きも想定しておき、想定通りの損切りが出来た時も、それは美しいトレードです。

トレードに利益を求めず、ひたすら美しさを追求していくと、結果的に利益も出せるようになってきます。

テクニカルトレーダーである以上、テクニカルの美しさにトコトン拘りましょう。

プロ野球のスター選手でも、お金を追求した結果野球が上手くなったのではなく、バッティングやピッチングの技術向上に明け暮れた結果として、多額の年俸を受け取っているのです。

トレード技術自体の向上に関心がなく、利益だけを求めていても勝てるようにはなりません。

まとめ

FXは利益を得るための手段ですが、利益だけを求めると負けてしまうという点で難しいです。

しかし、利益を求める心理状況で負けてしまう理由は、とても単純なものです。

なぜ勝てないのだろう?と悩んでいる人は、自分が利益に拘り過ぎていないか確認してみて下さい。

そして、ルール厳守を心がけ、美しいトレードを追求して下さい。

そうすれば、FXトレード自体がとても楽しくなり、継続によって実力が伸びていきます。

どんな素晴らしい手法も、それを冷静に使えなければ何の意味もないので、心構えから変えていって下さい!