FX フラクタル構造相場のフラクタル構造について知っている方はどれだけいるでしょうか。

FXにおけるフラクタル構造というのは非常に簡単な話なのですが、案外知らないという方が多いです。

あるいは、聞いたことがあるけどよく知らないという方も多いですね。

フラクタル構造自体は自然界でも多く発見することができる、規則性のあるルールのようなものですが、FX相場を理解する上でも非常に重要な構造です。

この記事を読むとどうなるか

  • 相場のフラクタル構造について理解できる
  • エリオット波動をフラクタルに捉え、カウントの混乱が減る
  • Wボトムや三尊天井といったパターンもフラクタルに捉えられる
  • 上位足で環境認識→短期足でエントリーという流れがスムーズになる

フラクタル構造とは何か

そもそもフラクタル構造とは、部分が全体に相似している構造のことです。

もっと簡単に言えば、部分が全体を作るということですね。

自然界で言えば、海岸線や雪の結晶が代表的な例として考えられます。

海岸線を狭い範囲で見た時にギザギザしているパターンと、空の上から広い視野で見た時のギザギザのパターンは酷似していることが多いです。

雪の結晶も、1つの結晶の形と、その結晶を顕微鏡でズームにした時に見える部分部分の形は同じような形をしています。

小さな雪の結晶が集まり、1つの結晶になり、さらにその結晶が集まって大きな結晶が出来るという繰り返しになっているのです。

FXでも、短期足の波形と同じような形が長期足でも確認できます。

長期足の波形をズームしてみると、似たような波形が短期足で見つかるとも言えますね。

エリオット波動で考えるフラクタル構造

FXにおけるフラクタル構造は、どんな波でも確認することができます。

中でも、エリオット波動はフラクタル構造を理解するために非常に適しています。

長期足の1波の中に、短期足の1~5波があり、長期足の2波の中に、短期足のA~C波があるといったイメージです。

フラクタル構造

相場の現在地がより正確に分かる

日足では上昇の波だけど、1時間足では下降の波になっていて、5分足ではこれまた逆に上昇の波になっているようなケースで、混乱してしまう人は多いのではないでしょうか。

「結局どっち方向でエントリーすれば良いのか分からない!」

こんな感じで、「エリオット波動理論は使えない」みたいに腹を立てて自暴自棄になってしまう人もいます。

しかし、フラクタル構造が分かれば、こういう状況でも冷静に対処することができます。

日足だと3波が始まっているけど、1時間足では2波になっていて、更に5分足ではB波になっているなんて状況かもしれません。

ここまで正確に相場の現在地が分かれば、あとは自分がどこの波を取るか決めるだけです。

エリオット波動のフラクタル構造ちなみに、説明を簡素化するために調整ABC波動は「ジグザグ」で表示していますが、フラットやトライアングルを形成することも当然あります。

調整波動については、こちらの記事を参考にして下さい。

二重の根拠でエントリーできる

フラクタル構造が確認できていれば、エントリーに自信が持てます。

例えば、1時間足で3波の推進波を狙ってエントリーしたい時に、5分足でも3波の形成が始まれば、強い根拠を持ってエントリーできることになります。

フラクタル構造によるエントリー

上図を見るとイメージしやすいと思いますが、3波の中にある1波を3-1波、3波の中にある4波を3-4波と表現することがあります。

3-3波でエントリーするのが最も勝率が高いのですが、フラクタル構造が分からなければ、

「3-3波って何?」

「3-1波?結局3波と1波のどっちなの?」

といった感じで混乱してしまいます。

フラクタル構造が分かれば、3波の中の3波を狙ってエントリーすることもできるのです。

鉄板パターンもフラクタル構造

エリオット波動を例にフラクタル構造を説明してきましたが、Wボトムや三尊天井といった鉄板パターンもフラクタル構造で捉えることでエントリーの精度が上がります。

エリオット波動では、3波の中に細かい推進5波が形成されていたり、2波や4波の中に細かいABC調整波動が形成されていることはもうお分かりだと思います。

Wボトム等の鉄板パターンにも、これと全く同じ理屈を当てはめれば良いだけです。

つまり、日足のWボトムの2つの底値は、1時間足で見ればさらにそれぞれにWボトムが形成されており、1時間足のWボトムの2つの底値には、これまたさらに5分足等でWボトムが形成されているということです。

鉄板パターンのフラクタル構造

このフラクタル現象が分かれば、日足でWボトムを確認したからといって適当にエントリーするのではなく、細かい時間足に絞りこみ、より精度の高いエントリーポイントを探せるようになります。

まとめ

FXトレードでチャート分析をする際に、長期足で環境認識し、短期足でエントリーするという流れが分かっている人はたくさんいます。

しかし、フラクタル構造が分からないと「長期足→短期足」の流れを上手に結びつけることができません。

異なる時間足の波が、それぞれ独立したバラバラの波に見えてしまうと、複数時間軸でチャートを分析する意味がなくなってしまいます。

相場のフラクタル構造を意識することで、長期足の環境認識と短期足のエントリーに根拠ある関連が生まれます。

エリオット波動や鉄板パターンはもちろん、どんな分析方法でもフラクタル構造の理解は必須なので、これからのチャート分析に活かしてみて下さい!