目線の固定 ダウ理論 間違いFXトレードにおいて、ダウ理論を使えば目線が固定できることはこちらの記事で解説しました。

このブログやYoutube動画を観て頂いた多くの方から、ダウ理論による目線の固定によってトレードが劇的に向上したという嬉しい報告を頂く一方で、目線の固定に関するお悩み相談もたくさん頂きました。

そして、同じような箇所で悩んでいる方が非常に多かったため、2回に分けて目線の固定に関するお悩み解消記事を書くことにしました。

分かってしまえば簡単なことですので、この記事を読んでさらに理解を深めて下さい!

この記事を読むとどうなるか

  • 目線の固定でやりがちな間違いがなくなる
  • 自分の理解が実は間違っていたことに気づける
  • より確信を持って目線を固定できるようになる

動画解説

文字解説だけでは分かりにくいポイントになりますので、動画解説も一緒にご覧ください。

目線の固定で最も多い悩み

ダウ理論による目線の固定はシンプルに考えれば非常に強力な武器になりますが、難しく考えてしまうと逆に混乱してしまいます。

理屈では分かっていても、実際のチャートを見ていると、余計な情報まで目に飛び込んでくるため、気にしなくて良いことが引っかかってしまって悩んでしまうパターンが多いです。

そんなお悩みあるあるの中でも最も多い悩みが、

 

「高値や安値ってどこまで遡って考えれば良いの?」

 

というものです。

要するに、高値を更新する起点となった安値が真安値(押し安値)って言うけど、直近の安値と思える箇所より以前のチャートにある安値と高値の更新関係が気になって混乱してしまうパターンです。

シンプルに考えれば無視すれば良いところでも、

 

「一番安く見える箇所」

「一番高く見える箇所」

 

が視覚的に分かってしまうと、どうしてもそこを安値や高値として考えてしまいます。

そうなると、ダウ理論を使った目線の固定という視点からすると、不要な情報がトレードを邪魔してしまうことになるのです。

ダウ理論による目線の固定は2つのキーワードを意識する

実はチャートをどこまで遡れば良いのかという悩みは、ダウ理論の押し安値〔真安値〕の定義について正確に理解していれば簡単に解消できます。

真安値の定義は、「直近高値を更新する起点となった安値」です。

この中の「直近」という箇所がキーワードになります。

直近の高値安値に注目する

1つ目のキーワードは「直近」です。

真安値というのは、あくまで直近の高値を更新する起点となった箇所です。

それ以前に高値を更新した起点は関係ないという点が分かれば、常に最新の高値更新箇所だけ注目していれば良いことが分かります。

しかし、実際にチャートを見ているとより目立つ箇所に高値や安値があることが多く、「あれ、この安値はどうすれば良いんだろう?」という感じで迷ってしまいがちです。

ダウ理論によって目線を固定する時は、あくまで「直近」の高値安値に注目しましょう。

常にリセットしながら考える

目線の固定を考える上でもう1つ重要なキーワードは「リセット」です。

真安値をブレイクして上目線が解除されたら、それまでの真安値に関係なく、その後の値動きによって新たな真安値や真高値が作られます。

真安値や真高値を突破されたら、一旦リセットして白紙に戻すことを意識しましょう。

この「リセット」は、真安値や真高値が更新された時にも重要な考え方です。

真安値の押し目をブレイクされることなく、さらに高値を更新した場合、真安値は最新の高値の起点となった箇所になります。

真安値はブレイクされた時にリセットされることはもちろん、新たな真安値が形成された時にもそれまでの真安値はリセットされることになります。

このように、常に「直近」の高値安値に注目し、過去の真安値や真高値はリセットしてチャートに向き合うことで、迷うことなく目線を固定できます。

重要な価格≠目線の固定の基準価格

ダウ理論上の目線は常にリセットしながら直近の高値安値に注目しますが、リセット後にそれまでの真安値や真高値が重要でなくなるということではありません。

全ての真安値や真高値がいつまでも重要とは言いませんが、高値を更新する起点となった安値や安値を更新する起点となった高値にはそれなりにエネルギーが溜まっているので、その後も意識される可能性はあります。

目線の固定と重要な価格の考え方がごっちゃになってしまっている人も多いので、あくまで目線の固定についてはリセットしながら考えるという点に注意して下さい。

この辺については別記事でも解説しようと思います。

まとめ

ダウ理論による目線の固定は非常にシンプルな考え方ですが、それだけに単純なところで混乱してしまう人も多いです。

直近」と「リセット」という2つのキーワードを意識することで、どこを基準に目線を固定すれば良いか分からないという悩みは解消されます。

目線の固定はあくまで目線を固定することが目的なので、どこが重要な価格なのかという分析とは分けて考えることを忘れないでください!