FX クロス円 ドルストレートFXを始めてはみたものの、何やら難しい用語が多くて理解できない・・・

 

という方も多いのではないでしょうか。

 

FXは金融用語や経済用語、トレード専門用語が多く出てくるため、確かに難しく感じてしまいます。

しかし、言葉が難しくてもその内容はとても簡単なものばかりです。

 

用語が難しいだけで、つまずかなくて良い場所で挫折してしまうのは非常にもったいないので、サクッと理解してしまいましょう。

 

今回は、通貨ペアの仕組みを表す用語である「クロス円とドルストレート」について解説します。

非常に簡単ですが、実は分かっていない人が多いので、これを機に理解して下さい!

この記事を読むとどうなるか

  • クロス円とドルストレートについて理解できる
  • 用語が分からないだけの無意味な混乱がなくなる

動画解説

まずは動画解説をご覧ください。

ドルストレートとは何か

クロス円とドルストレートを理解するにあたり、まずは簡単なドルストレートから理解すると分かりやすいです。

 

ドルストレートとは、その名の通り米ドルとストレートに取引する通貨ペアのことを言います。

 

つまり、米ドルと絡む全ての通貨ペアはドルストレートに分類されることになります。

  • ドル円
  • ユーロドル
  • ポンドドル
  • 他多数

といった感じですね。

 

米ドルが通貨ペアの一方であれば、それは全てドルストレートになります。

クロス円とは何か

米ドルと直接取引すれば全てドルストレートであることはお分かり頂けたと思いますが、クロス円どはどういう通貨ペアを指すのでしょうか。

 

クロス円もその名の通り、円と他の通貨がクロスしていることからクロス円と呼ばれています。

 

クロスしているからと言われても、どうクロスしているのか、そもそも通貨がクロスするってどういう意味なのか分からないですよね。笑

 

FXの世界では、円と米ドル以外の通貨ペアを取引する際には、米ドルを仲介させる必要があります。

 

例えばユーロ円であれば、ユーロと円を直接交換することはできません。

 

まずユーロと米ドルを交換し、交換された米ドルと円をさらに交換することで、間接的にユーロと円の交換が成立します。

 

ERU→USD→JPY

あるいは

JPY→USD→EUR

 

というフローで取引をすることになります。

FX クロス円

 

 

 

 

上の図のように、ユーロと円がクロスしている取引になりますよね。

 

そのため、米ドルを除く全ての通貨と円の通貨ペアはクロス円と呼ばれることになります。

  • ユーロ円
  • 豪ドル円
  • ポンド円
  • その他多数

といった感じですね。

 

「クロス円」という言葉だけ聞くと何のことか分からないと思いますが、図にすると簡単に理解できると思います。

まとめ

ドルストレートはシンプルな2通貨間の取引であるのに対し、クロス円は米ドルが中間で介在する3通貨間の取引になります。

 

実際には、米ドルと直接トレードする全ての通貨ペアがドルストレートで、米ドル円以外で円を使った全ての通貨ペアはクロス円だと覚えれば分かりやすいです。

 

これらの用語を知っていることで、直接的にFXトレードの技術が上がることは無いですが、知らないというだけで無意味なところで混乱してしまう事態を避けることができます。

 

クロス円とドルストレートの理解はこの記事だけで十分なので、一気に理解してしまって下さい!